週刊リング

週刊ゴング記者に憧れ、週刊リング記者(自称)になった素人超人が、独自の目線による記事を書いていくプロレスブログです。

Vol.11《俺たちは2人で1つ!タッグの季節にタッグを語る‼︎ の巻》

f:id:weeklyring:20191125220518j:image

 

■プロレスの醍醐味、それがタッグ!

プロレスファンの年末の楽しみといえば、タッグ。新日本も全日本も、恐竜がいた時代から必ず年末にタッグリーグを行うのが恒例となっている。

最近の新日本プロレスだけしか知らない方にはピンとこないだろうが、プロレスの醍醐味とはタッグといっても過言ではないほど、実は魅力の詰まったタッグ。2人の関係性(師弟・盟友・ライバルなど)や、ドリームチームにワクワクと心踊らせることもしばしばである。そんなタッグを心ゆくまで年の瀬に堪能できる日本プロレス界。それだけでも、日本に生まれてよかったーー、と叫びたい。

 

■天山&小島。2人の物語は大河ドラマでもおかしくない。

さて、早速だが、ここ最近で私が好きなタッグチームをいくつかご紹介させてもらいたい。

f:id:weeklyring:20191127211738j:image

まず、ノアのGHCタッグ王者チーム中嶋勝彦潮崎豪組》を推させてもらいます。私が最近ノア推しになってきているのもあるが、このチーム凄まじく強い。強烈な蹴りとチョップの雨嵐は、常に相手をボコボコにしてしまう。

次に、全日本プロレスで何度も世界タッグ王者に輝く暴走大巨人諏訪魔石川修司組》も爆推ししたい。大柄な選手が目立つ全日本の中でも群を抜いて「デカい・強い・凄い」。気の合う2人のやり取りも最高で、そんな2人が組んでしまえば、相手はもうボロボロである。

これまた全日本だが、野村直矢・ジェイクリー組》も素晴らしい。今年の最強タッグリーグ優勝候補として最も推したいこのチームだが、どちらかというとタッグチームとしての将来性を大きく期待している気持ちが強い。言わずもがな2人はライバル。組んだら離れたりを、これからも繰り返すかもしれない。そんな関係だからこそ、このタッグは面白い。

最後に現役ながらも私の中で殿堂入りしているタッグチームをご紹介。もうお分かりですね? そう、世界で1番強くて世界で1番カッコいいタッグチーム、天山&小島、略して天コジ天山広吉小島聡組》だ!

f:id:weeklyring:20191127210812j:image

当たり前すぎて気付きにくいかもしれないが、天山・小島組=天コジを、ここ数年毎年ずっと見られるというのは密かな贅沢だ。

天山と小島。京都銀行よりも、ながーーーーいお付き合いの2人は、タッグ界のリビングレジェンドと称してもいいだろう。初タッグで王座獲得し、約3年で新日本に名を刻むタッグチームに成長。その後、団体が分かれた2人だが、しばしばドリームタッグを結成して東京ドームのメインを張ったり世界最強タッグ決定リーグやG1タッグリーグを制覇してきた。小島が新日本に戻ってからも、主にタッグ戦線で活躍してきた2人。

ほぼ同期でありライバルであり背格好も似た2人の物語は他にも多くのエピソードがあり、それは大河ドラマになってもおかしくないほど。

現在の新日本で優勝戦線に絡むことは難しいかもしれないが、新日本の忖度さえなければ優勝してもおかしくない実力のチーム。天山のアナコンダバイスは屈指の関節技だし、小島のラリアットは紛れもなく世界一だ。

そもそも、急なマイキーボム1発であっさり沈む小島ではないでしょうに!!

 

さて、伝えたいことは伝えた。皆さんも好きなタッグチームを精一杯応援して、このタッグリーグ三昧の時期を楽しくお過ごし下さい。

 

続きはまたリングの上で。